top of page
検索

アロハが輝くハワイのフラと魅惑の衣装の奥深い秘密🌺

更新日:2023年9月9日

フラ・ガールズでなくても、ハワイのフラの衣装に憧れる私たち。


たくさんの香りの高い花で作られたゴージャスな花の冠やレイ。


体の線が美しく見え、フラダンサーが動くたびに優雅に揺れる夢のようなドレス。


古代フラでは、葉で作った冠やレイでその姿はまるで森の精のよう。


自然の素材のパウという大きく膨らんだスカートに憧れる方も多いでしょう。


ハワイ在住フラ人生18年、ハワイの文化やフラに深く関わっている私にとって、インターネットの情報や、ハワイの文化とフラの衣装のつながりの深さを知らずに選ばれた衣装たちは表面的なものが多いのと感じます。


この記事では、ハワイを呼吸しながらの18年間のフラ人生で学んだ知識をシェアしたいと思います。


🙏🏽写真はカウアイ島出身のフォトグラファー、マイク・テルヤ氏の寄与です🙏🏽




ハワイの文化とフラの衣装のつながり


フラの衣装には、ハワイの歴史と伝統への深いリスペクトが込められています。


これらの衣装に使用される色や柄、素材やスタイルは、その曲が作られた時代や背景を象徴します。


私に教える資格を与えてくれたクム・フラ(フラの先生)は、8人のクム・フラから学び、その中の一人は衣装の先生だったそうです。


ハワイの言い回しで「一つの学校で全ては学べない」というものがあり、当時の彼の先生に、衣装とレイの先生(別々の2名の先生)のところで専門的に学ぶように、と送り出されたそうです。


フラの衣装は、それだけを見てもハワイの物語が伝わるくらい大切なものです。


ハワイの自然界、神話、伝説からもインスパイアを受けており、衣装を決めるクム・フラやダンサーたちは、たくさんのことを考慮しながら慎重に衣装作りをします。


フラの世界、ハワイの文化はそのくらい奥が深いのです。


もちろん、「美しい」から、「これを着て踊りたいから」という表面的な理由で衣装を選ぶのも、


フラの美しさをサポートしたり、ダンサーのモチベーションを上げていく上で必要ですが、


ハワイの歴史や文化的にもっと大切なことを重視して選ぶことが前提であることを理解しリスペクトしていただけたらと思います。





ハワイの歴史を偲ばせる「古代フラ」の衣装


フラの衣装は、その曲の時代を反映したものであることが必須です。


1820年に西洋からの介入が入る前のハワイでは、「カパ(タパ)」で衣装を作りました。


柄は、古代からその家族に伝わる、日本で言えば家紋のような柄や、そのフラのハラウ(学校)の名前や由来、また特別なパフォーマンスの場合はそのイベントや曲に関連するものを選び、


ハワイの大自然から収穫する原料で染料を作り、竹を割って柄を彫ったもので、押し絵をします。


カパは日本の和紙の原料である「こうぞ」と同じような植物を叩いて作ります。


上の写真はカパで作った「パウ」、フラのスカートです。


私は向かって右のパネルになっている「パウ」の制作に関わらせていただき、200年振りにカパの衣装でフラの舞台が開催されるというハワイ文化と歴史上でとても重要なイベントの一部になれたことに感謝しています。



上はハワイのフラの儀式の写真。


衣装や色がそれぞれ違うのは、役割や意味合いが違うからです。


向かって右側の黒い衣装の男性は「マロ」というハワイのふんどしのようなものと、「キヘイ」という布を肩から斜め掛けしています。


黒は王族を象徴する色の一つ。


この儀式はカウアイ島のカウムアリイ王に捧げるものです。


左で「キヘイ」をまとい、チャンティング(詠唱)をしている男性はクムフラです。


中央の「パウ」を着た男性はフラダンサーです。


どの衣装を着ているかでその人の「クリアナ」(責任、役割、特権)がわかります。


ウコンで染めたような黄色も王族や火山の女神「ペレ」を象徴する色のひとつです。



カパを作るのは莫大な労力と時間がかかり、一大イベントなので、現代ではそれに近いものとして、紙に押し絵をして作る場合もあります。




男性の古代フラの衣装はこんなスタイルもあります。ハワイを感じますね!



ティーリーフ(Ti)の衣装をまとった男性のフラダンサー。



ハワイの歴史の転換機を象徴する「現代フラ」の衣装


西洋の介入がある前のハワイの人たちは、上半身裸でした。


女性は「パウ」を、男性は「マロ」を、寒い時にはその上に「キヘイ」をまとっていました。


それまで大自然とのびのび生きてきたハワイの人たちは、キリスト教の観点から、それを禁止され、服を着せられました。


その時に、白人の宣教師夫人が考案したのが、フラの衣装でも使われているムウムウです。




襟が高く長袖の衣装は、西洋が介入した後のハワイ王国時代の曲とフラのものです。




男性フラダンサーの衣装はシャツとズボンになりました。




美しい紫のベルベッドの衣装。フラダンサーたちの息がぴったり合ってますね。



現代フラでは髪にハワイの大きな花をつけるスタイルが主流です。




シンプルな衣装でもフラの動きが加わるとゴージャスに。




ケイキ(子供)のフラ。衣装もカッコよく着こなしています。




美しい白いベルベットの上に他の素材を重ねた衣装。


手の位置や衣装の色から天界や神、ハワイのハイランクの王族を讃えるフラと思われます。




こんなにクリエイティブで楽しい衣装も。フラダンサーたちももとても楽しんでいますね。




ハラ(ラウハラ)という植物で作ったスカートに、黄色と緑の衣装。


フラダンサーが持っているのは「ウリウリ」というマスカラに羽をつけたようなハワイの楽器です。




「パニオロ」と言って、カウボーイスタイルの衣装とフラ。




まとめ


フラと衣装の関係の深さと重要性を、感じていただけましたでしょうか?


ハワイとフラの文化は、ワイキキのフラのショー以上のものであり、一生をかけて学ぶアートです。


「フラが好きでもっと学び上達したい」

「本場のフラに触れてみたい」

「フラの曲に出てくる場所に訪れて衣装の原料や曲に出てくる自然を感じてみたい」


と思われる方に朗報です!


ハワイへのフラ旅を計画する際、皆さんが正しい場所に効率的に、そしてリスペクトを持って訪れられるようにお手伝いします。


無料相談を受付中ですので、気軽にご連絡ください。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


最後まで読んでいただきありがとうございました。


ここまで読んでいただいた方にプレゼントがあります。


フラは見た目より体力や健康が必要とされます。


ハワイに来た時にヘルシーなご飯を見つけられるようプレゼントをご用意しました。


「ハワイで大人気なヘルシーご飯5選」をこちらからダウンロードください   ↓↓↓





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


たくさんのアロハを込めて🌺





閲覧数:7回0件のコメント
bottom of page